おすすめ余興曲解説

結婚式の余興でハッピーサマーウェディングを踊るなら!練習に使える動画まとめ

Featured Video Play Icon

ハッピーサマーウェディングは余興ダンスで人気の定番曲です★2000年発売とかなり古いですが、ちょうど結婚が増える年代(20代後半~30代)の人が小中学生、高校生くらいのときに流行った曲なので、今でもよく踊られるんですね。

今回は、ハッピーサマーウェディングを余興で踊るという人のために、練習に使える動画をご紹介します!また、余興を成功させるためのポイントも解説します。

結婚式ソングの定番!ハッピーサマーウェディングは手堅く盛り上がるダンス余興

モーニング娘。のハッピーサマーウェディングの公式動画はこちら!

曲の長さ:4:50
音源購入
・iTunes:ハッピーサマーウェディング
・CD購入:ハッピーサマーウェディング Single

モー娘。世代と言われる、初期のモー娘。全盛期に青春時代を過ごした人たちにとっては、とても馴染みのある曲ですね。ちょっと古いかな?と心配になるかもしれませんが、余興の曲が新しい必要はありません!むしろ、みんなが知らない新しい曲よりは知っている人が多い古い曲のほうが盛り上がります★

ちなみにモー娘。世代はだいたい1980年代~1990年代前半、中盤までに生まれた人が当てはまるでしょう。1990年代後半になると、どちらかと言えばAKB48などのほうが思い出深いと思います。

しかしながら、モー娘。は最近のアイドルブームに乗ってまた人気が出ているので、曲を知っている世代は意外と幅広いかもしれません。
結婚式の余興曲にハッピーサマーウェディングを使うなら、新郎新婦の世代は考慮しましょう。(とはいえ余興をやる友人も同世代なので、大丈夫でしょう)

振り付けの難易度

ハッピーサマーウェディングの振り付けは、かなり簡単です!ダンスに自信がない、経験がないという方でもある程度練習すればちゃんと踊れるようになります。
曲のテンポもまったりですし、細かい振り付けもないので、安心して挑戦してください。

難しい点があるとすれば、ちょいちょい出てくるセリフなどの口パクかもしれません。余興を盛り上げるなら、セリフの場面などは思いっきりやりきったほうがいいですが、恥ずかしいという人もいるでしょう。

メンバーの中でも最適な人を選ぶようにしましょう。

ハッピーサマーウェディングの余興ダンス練習に使える動画

ここからは、YouTubeにアップされている、ハッピーサマーウェディングのダンス練習に使える動画をご紹介します。

ハッピーサマーウェディングの振り付け解説動画

こちらはハッピーサマーウェディングの振り付けをゆっくり解説してくれている動画です。反転動画などでも振り付けが分かる場合は必要ありませんが、ダンス初心者の方は、この動画で解説を見ながら練習するのが一番カンタンかと思います。

Part2以降の振り付け解説動画はこちら

ハピサマ 余興用 part2 – YouTube
ハピサマ 余興用 part3 – YouTube

※最後は音付きで踊っている動画です。
ハピサマ余興用 part 4 音付き – YouTube

反転動画

こちらはハッピーサマーウェディングを踊っている動画を反転させたもの。見たまま真似できるので練習にもってこいです。もうちょっとゆっくりのテンポで見たいという方は、YouTubeの機能を使って再生速度を落としてみましょう(スロー再生する方法はこちらから確認できます)。スロー&反転動画を見ながら何度も真似して踊れば、だんだん覚えて踊れるようになりますよ♪

こちらは反転動画ではありませんが、うしろから撮影されているので見たまま踊りやすくなっています。うしろから見たほうが細かい動きが見えやすい場合もあるので、こちらを見て練習してもいいでしょう。

参考になる「踊ってみた」動画

振り付け解説ではありませんが、実際にモーニング娘。のハッピーサマーウェディングを余興やイベントで踊っている動画をご紹介します。衣装や立ち位置の動きが参考になりますよ!

こちらは、マイクスタンドを上手に使って「歌って踊る」構成にしている余興の動画です。マイクを用意できるならこんなやり方もありですね!結婚相手について解説するセリフ部分を、ちゃんと新郎に置き換えて歌っているのもGoodです。

黄色い衣装が目を引くこの動画。けっこう大人数でハッピーサマーウェディングを踊っています。セリフ部分では、まさかの新郎が登場し自分で自分を紹介(笑)こんな演出もいいですね♪
実際の余興を踊る前に、思い出を振り返る動画を流すのもいいですよ!いきなり踊るよりも感情移入しやすく、お客さんも一緒に盛り上がりやすいです。

ハッピーサマーウェディングは振り付けが簡単なので、新郎やほかのお友達をサプライズまきこむのも結構やりやすいと思います。

ハッピーサマーウェディングのダンス余興で気をつけるといいポイント

ハッピーサマーウェディングは、余興に使う曲としては難易度もちょうどいいし、曲の内容も明るくて結婚式にぴったり。普通に踊っても十分盛り上がります。

加えて以下のポイントに気をつけると、よりクオリティの高い余興になるでしょう!ぜひ参考にしてください♪

振り付けが簡単な分、衣装は豪華に!

ハッピーサマーウェディングは振り付けが簡単なので、「着替えの時間がないからそのままの服装で」踊ってしまうと、ちょっと華やかさに欠けてしまいます;;ご紹介した余興動画のように、本家のハッピーサマーウェディングのイメージに近いエスニック風の衣装がおすすめです!

そういった衣装を用意するのが難しい場合、派手色のTシャツにチュチュスカート、カラフルなフレアスカートなど、カラフルな衣装にするといいですよ!
スカートのすそを持って踊るような振り付けがあるので、どこかにふわっとした部分がある服を選びましょう!

髪型も、エスニック風衣装であればそれに合わせたヘアアクセサリーをつけると可愛いです。それ以外の場合でも高い位置で結んだりすると、華やかに見えますよ★

セリフ部分の口パクは、わかりやすくしっかりやる!

冒頭でも解説しましたが、ちょこちょこ出てくるセリフ部分や口パクは、わかりやすく思いっきり、できればモー娘。に負けないくらいのぶりっこ感も出しながらやりましょう。
思いっきりやったほうがかわいいですし、会場も盛り上がります!ちょっと恥ずかしくても、エンターテイナーになったつもりで本番は思いっきりやったりましょう。

1曲まるまる踊るのは間延びする!2番は削ってもOK!曲の編集はしたほうがいい!

ハッピーサマーウェディング全部を踊ると、約5分もあります。長いとどうしてもお客さんも飽きてしまって間延びするので、短く編集された曲を使うか、自分たちで編集するのがおすすめです。

新郎を紹介する部分のセリフはぜひ使いたいので、それ以外のメロ部分を削るなど、程よい長さに編集してしまいましょう。

曲の編集はフリーソフトを使って自分でやることもできますし、1,000円ほどで人に依頼することもできます。

様々なダンスやパフォーマンスに曲編集します 長さ構成編集、メドレー、テンポ変更、効果音の挿入、エフェクト|音声の編集・加工 | ココナラ

たった1,000円で以下のような加工をお願いできます!

<できる事一例>

  • 長さ構成を編集→カット、繋げる、繰り返す
  • イントロ加工
  • エンディングを加工(カットアウト、反響で終わる等)
  • 数曲繋げてメドレーやDJミックスにして1曲のデータしたい

 

結婚式場やイベント会場だと、曲をかけるためにCDが必要になる場合もあります。もし曲を編集する場合はCDに焼くまでをしっかり準備しましょう。(スマホやパソコンから流せる会場もあるので、事前に確認するのがおすすめです)

まとめ

ハッピーサマーウェディングは曲としては古いですが、ダンスの余興としては根強い人気があります。

「そろそろ年齢的にキツい」と思ったら、子供を混ぜて踊ったり、フラシュモブ的にみんなを巻き込んだり、ネタに走ったりするのもアリです!

踊りやすくて簡単なので、曲選びに迷ったらぜひおすすめです。