余興成功のコツ

ダンス余興を成功させるために最も重要な「たった1つのこと」

結婚式や忘年会、謝恩会などの余興でダンスを踊ることになった!
そんなときに考えるのは、

振り付けを覚えられるかな?
本番までにちゃんと踊れるようになるだろうか…?

という心配事が多いのではないでしょうか。

実際、私が余興でダンスを踊る方向けにダンスレッスンをしているときも、皆さん「うまく踊れない;;」と焦って、一生懸命に練習しています。もちろん練習することは素晴らしいですし、練習なしに踊れるようになることはありません。

でも、「振り付けをちゃんと踊る」ことに必死になるあまり、人前でダンスを躍るときに一番大切なことを忘れてしまう方も少なくないです。この記事では、その「一番大切なこと」を改めて伝えられればと思います!

最も大切なものは「笑顔」!楽しそうに踊ろう★

がんばりやさんのダンス初心者の方が、余興のダンスで陥りがちなのが、

振り付けを正しく躍るのに必死になるあまり、表情が真顔になりすぎてしまう

という状況です。真顔ならまだマシで、眉間にシワを寄せながら必死に踊っている方もいらっしゃいます。

そんなときは私は「ちょっとストーップ!!」と言いたくなります。そしてこうお伝えするんです。

楽しんで、笑顔で踊りましょう!楽しそうに踊っていれば、たいていの余興は盛り上がります✨」

お客さんが一番見ているのは、踊っている人の顔

ダンスを躍るとなると、どうしても動き、振り付けに気持ちが行ってしまいますが、余興を見ている人たちが一番見ているのは、じつは「顔」であり「表情」なんです。

ご自身もダンスを見るとき、動き以上にその人の顔を見てしまいませんか?それは、あなたが躍る立場になっても同じです。

笑顔で楽しそうに踊っていれば、見ている人も楽しい気持ちになるし、逆に真顔だったり不安そうな顔で踊っていたら、見ている人も「大丈夫かな?踊るの嫌なのかな?」と心配になってしまいます。

だから、重要なのは「笑顔で踊る!」ことなのです!!
とにかく笑いましょう!あなたが楽しそうにしていれば見ている人も楽しめて、結果として盛り上がる余興になりますよ★

笑顔でダンスを踊るコツ

そんなこと言われても、踊ってるとつい必死な顔になっちゃうよ…!」という方にぜひ試してほしいちょっとしたコツを伝授します。

それは「歌詞を口ずさみながら踊ること」です!
歌詞やメロディーを口ずさんだり、口パクしたりすると口元が動くので、自然と表情が緩みます。
そうすると、キツい表情に見えにくく、口が空いていると笑顔っぽく見えやすくなります。

ぜひ使う曲の歌詞を覚えて(正しい歌詞じゃなくてもOK!どうせ客席には聞こえません)、口パクしながら踊ってみてくださいね♪

間違えてもOK!本番はとにかく楽しんで♪

余興のダンスはプロとしてのパフォーマンスを求められるようなものではなく、とにかく「場が明るく楽しく盛り上がる!」のが大事。そのために一番優先すべきなのが、余興ダンスをする人たちが楽しそうにすることです。

振り付けを間違えてしまっても、みんなとタイミングがずれてしまっても、深く気にせず、とにかく笑顔で踊りましょう!「踊る阿呆に見る阿呆、同じアホなら踊らなやソンソン♪」という感じで、誰よりもダンスを楽しんでくださいね!